本文へスキップ

工事の進み具合Progress

2021年2月中旬 工事完了

2月13日に管内の作業が完了しました。

上流側・下流側・流入管等の管口(表面)を
モルタルにて平らに仕上げます。

管口モルタル仕上状況

作業の支障になる既設のタラップを撤去したので、
新しいタラップに付け替えます。

下流マンホールタラップ取付状況


最後に管内の洗浄掃除を行い発注者の監督員より確認をしていただき作業完了となります。

施工延長の確認

施工断面寸法の確認

裏込モルタルの充填打音確認

更生完了
上流管口より


2021年1月末

1月21日に上流からもモルタルの充填確認を行い、
これで既設管と更生管のすき間にモルタルが充填され裏込注入が全線完了となります。。。

上流側管口にてモルタル充填確認(管渠内)

上流側管口にてモルタル充填確認(管渠内)


裏込注入が完了したので、
モルタル注入時に更生管の浮き上がりや変形をを防止するために設置していた金属製リングと腹起し(角パイプ)を解体・搬出します。

支保工兼浮上防止解体状況(管渠内)

支保工兼浮上防止解体搬出状況(地上)


2020年12月末

11月末より裏込注入工を開始し、12月も引続き裏込注入工でした。
あと数回で全線注入完了となります。

裏込注入状況(管渠内)

下流側管口モルタル充填確認


2020年11月末

11月21日 支保工兼浮上防止工組立完了しました。
既設管と更生管のすき間にモルタルの注入を行う時、更生管が浮き上がったり変形するので、
更生管内に金属製リングと腹起し(角パイプ)を設置し、浮き上がりや変形をを防止します。

支保工材料搬入組立(地上部)

支保工材料搬入組立(管内)

支保工材兼浮上防止組立状況(管内)

支保工材兼浮上防止組立完了(管内)


裏込注入材搬入(発注者による材料確認状況、数回に分けて全部で380袋以上搬入します。)

裏込注入材材料確認状況(100袋)

裏込注入材搬入


11月25日 裏込注入工開始しました。
モルタルを1袋ごとに、専用のモルタルプラントにより現場で練り上げ圧送用ホースにより管内に圧送し、
既設管と更生管のすき間にモルタルを注入していきます。

裏込注入状況(地上)

裏込注入状況(管内)


2020年10月末

10月26日製管作業完了しました。

製管機到達

製管完了(全景)

製管機解体状況(管内)

製管機搬出状況

組立時と同様に、径600mmのマンホール蓋から機材を荷上げするため、製管機はマンホールから荷上げできる大きさに分割解体し搬出します。


2020年8月末

8月5日製管機の組立を開始しました。

分割された製管機の搬入状況(地上部)

製管機組立完了(管内)

600mmの径のマンホール蓋から機材を降ろすため、製管機はマンホールから降ろせる大きさに分割し、管内で組立てます。


8月19日製管作業を開始しました。

製管状況(地上部)

製管状況(管内)

製管状況(管内)

地上からプロファイル(硬質塩化ビニール樹脂製)の帯を管内に送込み、製管機の6基の駆動部が回転・自走しながら更生管を形成していきます。


2020年7月末

7月13日管内洗浄を行いました。

高圧洗浄車(地上部)

洗浄状況(管内)

地上の高圧洗浄車で水圧を確認しながら、壁面の汚れを落としていきます。


全景

洗浄した所(右側)としていない所(左側)の洗浄効果を確認してもらいます。

洗浄完了後立会検査(新潟市の工事監督員より確認してもらいます。)


7月16から7月17日漏水箇所の止水工事を行いました。

Vカット(はつり状況)
既設管のひび割れに沿ってV字に壁面をはつり取ります。

注入用パイプ取付
V字にはつり取った箇所に数か所、注入用のパイプを急結モルタルで取り付け、周りのはつり取った箇所も壁面と平らに急結モルタルにて仕上げます。

薬液注入状況(地上注入プラント)

薬液注入状況(管内)

地上の注入プラントより薬液を送り、修繕箇所全体に行き渡るよう注入をします。
薬液注入後、薬液の硬化を待ち注入パイプを取り除きモルタルで補修して止水完了です。


7月17日 製管材(プロファイル)搬入

プロファイル20巻入荷しました。
1巻に500mの硬質塩化ビニル樹脂製の帯が巻付けてあります。カートリッジ式で製管の際は鉄製のドラムに装着して使用します。
重量も1巻で1200kg近くあります。

写真では白い保管カバーに包まれていますが、直射日光や紫外線による劣化防止のため、ドラムに装着するまでこの状態で保管しています。


2020年5月末

5月29日(金)の夜間、事前照査作業を行いました。
はじめての交通規制でしたが、ご協力ありがとうございました。
事前調査作業は、更生管が設計通り作れるか確認するための大事な作業です。
なので、既設管の施工延長や内空断面を測定し、作業に支障となる異常個所がないか確認します。
この結果をもとに、報告書を作成して新潟市さんから了解をもらってから本工事へと進んでいきます。

交通規制状況(片側交互通行規制)

着手前(管内状況)

施工延長確認

既設内空断面寸法確認

異常個所確認(コンクリート殻)


着手前状況 〜空撮〜